「私が大好きなボクシングアニメ・はじめの一歩」

私が大好きなアニメは、ボクシングアニメの「はじめの一歩」です。このアニメはいじめられっ子だった幕之内一歩がボクシングを始めたことによって、人間的に大きく成長していくというストーリーです。
一歩が憧れの鷹村選手との出会いによってボクシングに興味を持ち、「プロのボクサーになりたい」という夢を抱くようになるのですが、ボクシングジムの先輩や同僚、後輩との関わりを通して恋愛あり、友情あり、涙あり、笑いがありとても楽しめるアニメです。
私はこのアニメを、がんの化学療法治療中に主人から教えてもらいました。
いじめられっ子だった一歩はボクシングの才能など全然ないように思われていましたが相手に倒されても、倒されても立ち上がるのです。
それはいくらボクシングジムの会長やトレーナーが教えても、持つことができない「勇気という名前の武器」なのです。
私はその姿に「私も、がんに決して負けたりはしない。苦しい治療にも必ず勝つ」そう思うことができました。
新人戦が始まり東日本新人王になり、全日本新人王にもなり、フェザー級の日本チャンピオンになっていく中で、一歩も対戦相手を研究して練習に励みます。
試合が始まってもセコンドについているジムの会長やトレーナーとの深い絆、強い信頼関係によって負けると思われるような対戦相手とでも勝ち進んでいきます。
私はこのボクシングジムの会長が一歩や鷹村選手に対して語りかける言葉に、とても励まされました。
それはもう、「アニメ」という枠を超えて「道徳の授業」であるような感覚になりました。
ボクシングの練習や試合、減量の辛さなどだけではなく、笑いとユーモアも盛り込まれていることが素晴らしい作品だと思います。ハピメで出会ってみたいです!

「私が大好きなボクシングアニメ・はじめの一歩」